【マイナポイントをわかりやすく解説します】最大25%分還元!

【マイナポイントをわかりやすく解説します】最大25%分還元!

今回は「マイナポイントの概要と手続きとは?!」をご紹介します。

 

マイナポイントの概要と手続きとは?!

201910月から20206月にかけて政府主導で行われている、キャッシュレス・消費者還元事業ですが、これに続くキャッシュレス化の第2の施策として、「マイナポイント事業」2020年7月から20213月にかけて行われようとしています。

  • キャッシュレス・消費者還元事業:2019年10月~2020年6月
  • マイナポイント事業:2020年7月~2021年3月

そもそも、キャッシュレス・消費者還元事業が東京オリンピックに向けてのインフラづくりが目的であり、マイナポイント事業はその後継としての役割を果たす予定でした。

しかし、新型コロナウイルスによる東京オリンピックの延期が発表された今、もしかするとキャッシュレス・消費者還元事業の期間が延長されるかもしれませんので、その辺りの事情もわかり次第にお知らせします。

 

マイナポイント事業とは?

マイナンバーと紐づけて最大5,000円分のポイント還元

マイナポイント事業は、マイナンバーカード取得者の一定金額のキャッシュレス決済に対し、当該サービスで利用可能な金額をマイナポイントとして付与する事業のことです。政府の目的は以下の3点です。

  • 消費の活性化
  • マイナンバーカードの普及促進
  • キャッシュレス基盤の構築

政府は本事業に2,703億円もの予算をあてる方針です。2019年のキャッシュレスに関する予算(21億円)と比較すると、マイナポイント事業にかなり力を入れようとしている様子がわかります。

 

マイナポイントの仕組みは?

消費者は4つの手続きが必要

まずは、こちらの概要図をご覧ください。

 

(出典 総務省HP)

 消費者の手続きとしては、

  • マイナンバーカードの取得
  • マイキーIDの設定
  • マイキーIDとキャッシュレス決済の紐づけ
  • 紐づけしたキャッシュレス決済でのチャージまたは購入

という4つのステップが必要になります。

キャッシュレス決済選びのポイント!
ここで注意頂きたいのが、消費者が選べるキャッシュレス決済は1つだけという点です。

「私はPayPayLINE payの2つをよく使うから、どちらもマイキーIDと紐づけよう!」ということはできません。また、一度登録した決済手段は変更できません。

さらに、複数人で同じ決済手段のIDを選択することもできないため、「家族で一つのPayPayアカウントを登録する」ということもできないのでご注意ください。

 

20209月までにやっておくべきこと

準備1:マイナンバーカードの取得

皆さんはマイナンバーカード、発行しましたか?私は長らく通知カードのみで過ごしていましたが、つい最近やっと発行しました。

申し込んでから発行までに1か月弱時間がかかるのと、市区町村の窓口でしか受け取ることができないので早めに準備しておきましょう。

マイナンバーカードの交付申請のやり方

交付申請書がある人

スマートフォン、パソコン、郵便及びまちなかの証明写真機で申請可能です。

交付申請書がない人

手書き用の交付申請書および封筒をダウンロードし郵送、または市区町村の窓口で交付申請書の再発行をしてもらい、申請できます。

マイナンバーカードの受け取り

マイナンバーカード交付申請から約1か月後に、自分の住む市区町村から「交付通知書」が届きます。対象の交付窓口へ、交付通知書・通知カード・本人確認書類を持って受け取りに行きましょう。

暗証番号設定には要注意
窓口で暗証番号を設定しますが、この暗証番号は次の「マイキーID設定」でも必要になるので絶対に忘れないでください。

準備2:マイキーID設定

  • AndroidiPhoneの場合 ⇒ マイナポイントアプリのインストール
  • Androidの場合 ⇒ JPKI利用者ソフトをインストール
  • パソコンの場合 ⇒ マイキーID作成・登録準備ソフトをインストール

マイナンバーカードの読み取り

暗証番号を入力し、スマートフォンやICカードのリーダライタ―でマイナンバーカードをかざすと登録完了です。マイナンバーカードを写真で撮影するのではなく、スマホをぴたっとかざします(iPhoneの場合)。

準備3:決済手段の取得

マイナポイント付与対象の決済手段を準備しましょう。すでにキャッシュレス決済に取り組まれている方は、その決済手段がマイナポイントの対象かどうかを確認する必要があります。

普段は現金派であったり、愛用の決済手段がマイナポイントの対象外であったりする場合は、対象の決済手段に申し込みましょう。

紐づけられるキャッシュレス決済は10以上

2020219日時点における、キャッシュレス決済サービスの登録状況は10以上です。現時点ではチャージ式の支払い手段がメインで登録されています。

FamiPay J-Coin Pay WAON
メルペイ CoGCa(コジカ) 楽天ペイ(アプリ決済)
ほろかマネーサービス りそなウォレットサービス Bibica
Suica PayPay りそなウォレットサービス
au PAY りそなウォレットサービス くまモンのICカード
d払い nanaco 楽天Edy
電子マネーゆめか LINE Pay ナギフトマネー

対象となる決済手段は引き続き募集されているので、今後も増加予定です。

ポイントはいつもらえる?

チャージまたは購入時から2か月以内にポイントが付与されます。タイミングは、キャッシュレス事業者により異なります。

 

【結論】格別にお得というわけでもない?

マイナポイント期間中、キャッシュレス決済のチャージまたは購入時に、25%(上限5,000円)分のマイナポイントが付与される予定です。

この上限5,000円というのは、マイナポイント事業全期間を通した上限ポイント数です。登録さえしておけば最大ポイントを獲得するのは難しくはなさそうですが、7か月を通して5,000円では……。

ひと月あたり700円程度の還元です。正直、格別にお得!というわけでもありません。キャンペーンそのものとしては、キャッシュレス・消費者還元事業の方がはるかにお得です。

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語

キャッシュレス関連カテゴリの最新記事