【ビジネクスト×ライフビジネス】年会費無料カードの大一番

【四回戦】二枚の法人カード両雄が相まみえる〜 戦国の名家による法人カード代理戦争がいま、勃発した 〜

 

 

年会費無料カードの大一番【ビジネクスト×ライフビジネス】

 

戦力値比較

《出雲の浮草 尼子家》

ビジネクスト

項目

《津軽の髭男爵 津軽家》

ライフビジネス

10 年会費 10
2 ポイント還元率 0
4 利用限度額 6
7 国際ブランド 10
5 申込みやすさ 5
8 審査の通りやすさ 7
ビジネクスト法人クレジットカードの画像 ライフビジネス法人カードの画像

 

 

伝統工芸の合戦 〈新興企業〉尼久産業 社長 尼子勝久と 〈斜陽企業〉南部工芸 社長 津軽為信の戦い

 

ビジネクスト ライフビジネス

〈新興企業〉尼子産業 社長 尼子勝久

「雲州そろばん」は最高の素材と技術で作られた、出雲の伝統工芸でござる。お子様の習い事にいかがでござろう。

〈斜陽企業〉南部工芸 社長 津軽為信

「津軽塗」は津軽ヒバを素地に各種の色漆を重ね塗りした、色目に鮮やかな漆器でござる。皆様、お土産に買ってゆかれよ。

 

【先鋒】年会費の争い

 

ビジネクスト ライフビジネス

玉作り担当 佐世清宗

ビジネクストの年会費は代表者カード、追加カードともに永久無料でありますぞ。南部工芸にはゆめゆめ負けられぬわ。

唐塗担当 森岡信元

ライフ一般の年会費は代表者カード、追加カードともに永久無料でござる。尼子産業など一蹴してくれよう。

 

《鑑定士の総括》代表者カード、追加カードともに年会費無料で引き分け

鑑定士 南光坊天海

ビジネクストとライフ一般共に年会費が一切かからぬところが最大の強みじゃ。コスト意識が高い経営者さんには、どちらも打って付けの1枚じゃのう。因みに、追加カードの上限はビジネクストが50枚でライフ一般は無制限で発行できるぞ。

 

【次鋒】ポイント還元率の争い

 

ビジネクスト ライフビジネス

玉仕上げ担当 佐世元嘉

ビジネクストのポイント還元率は0.25%。年会費無料でポイントプログラムが付帯するなんぞ、贅沢の極みですな。

七々子塗担当 兼平綱則

ライフ一般にポイントプログラムの付帯はありませぬ。誠に無念じゃが、この勝負は我らの負けでござる。。

 

《鑑定士の総括》ポイントプログラムが付帯のビジネクストが優勢

 

鑑定士 南光坊天海

ポイント還元率が0.25%のビジネクストが優勢じゃ。年間利用額が300万円の場合のポイント還元は、ビジネクストが7,500円分でライフ一般が0円と、ビジネクストが7,500円分もお得じゃ。ポイント重視で選ぶならビジネクストで決まりじゃな。

 

【五将】利用限度額の争い

 

ビジネクスト ライフビジネス

ひご竹作り担当 宇山久兼

ビジネクストの利用限度額は30~300万円。カードのスペックから考えると、決して悪くない金額ですぞ。

紋紗塗担当 小笠原信浄

ライフ一般の利用限度額は10~500万円。年会費無料で利用限度額が500万円までの設定は当家のみでござる。

 

《鑑定士の総括》高額な利用限度額が期待できるライフ一般が優勢

鑑定士 南光坊天海

500万円以上の利用限度額も期待できるライフ一般が優勢じゃ。希望する利用限度額が高いほどに提出書類も増えるが、それくらいの準備は大した労苦ではなかろうぞ。一方のビジネクストは利用限度額が300万円までとやや低めじゃが、決算書や確定申告書の提出が必要ないところが魅力じゃのう。

 

 

【中堅】国際ブランドの争い

 

ビジネクスト ライフビジネス

組立て担当 亀井茲矩

ビジネクストの国際ブランドはVISAが付帯しておりますぞ。VISAの加盟店は約3,000万店もあり、世界中でカード決済が可能ですぞ。

錦塗担当 大道寺直英

ライフ一般の国際ブランドはVISA・MasterCard・JCBが付帯しておりますぞ。どれでもお好きなものをお選び下され。

 

《鑑定士の総括》3種類の国際ブランドから選べるライフ一般が優勢

 

鑑定士 南光坊天海

世界中で約3,000万店以上の加盟店を誇るVISAを選んでおけば、まず間違いなかろう。国際ブランド別のシェアでも50%以上を占有しており、まさに国際ブランドの盟主と言えようぞ。(参照:Results for global credit, debit and prepaid cards 2015)ただし、国内ではMasterCardやJCBのみの加盟店という店舗も少なくないゆえ、カード利用が国内中心になる経営者さんには3種類の国際ブランドから選べるライフ一般がおススメですぞ。

 

 

【副将】申込みやすさの争い

 

ビジネクスト ライフビジネス

秘書室 山中幸盛

ビジネクストの申込みは郵送でのみ完結。オンラインで手軽に申込みたい経営者さんには、少々面倒ですかな。面倒と言えば、出雲国のアクセスの悪さじゃわい。

秘書室 沼田祐光

ライフ一般の申込みは郵送でのみ完結。申込書と本人確認書類が揃わないと、審査が始まらないのが不便ですかな。不便と言えば、新幹線の新青森駅は不便でならぬのう。

 

《鑑定士の総括》両者とも申込み手順は同じで、引き分け

鑑定士 南光坊天海

両者ともにオンラインで入力した内容を入会申込書(PDF)に印刷して、必要書類を添付して郵送するのじゃ。最短1週間ほどでカードが発行されるゆえ、発行を急がれる経営者さんは書類の不備に要注意じゃぞ。

 

 

【大将】審査の通りやすさの争い

 

ビジネクスト ライフビジネス

社長 尼子勝久

アイフルのグループ企業であるビジネクストの審査は比較的甘めという噂じゃ。前向きな審査結果が届くことを祈念しておるぞ。

社長 津軽為信

同じくアイフルのグループ企業であるライフの審査は比較的甘めと聞いておる。審査結果の知らせが来るのが待ち遠しいのう。

 

鑑定士 南光坊天海

「赤字(申告・決算)でも発行可能」と公式サイトで謳うビジネクストが優勢じゃ。業歴や業績よりも代表者の信用情報が優先されるゆえ、これまでの支払い履歴に問題がなければカードが発行される公算が高いはずじゃ。
一方のライフ一般は審査が甘めという話を聞いておる。ただし、3年以上の業歴と2期連続の黒字決算が求められるやもしれぬぞ。審査の通りやすさで選ぶなら、ビジネクストにされるが良かろう。

 

 

ビジネクスト ライフビジネス

詰まり、お勧めは?

 

【総合判定】

ビジネクストの勝利

>> ビジネクストの詳細・申込みへ

鑑定士 南光坊天海

両者ともに一切のカードが年会費無料であるが、ポイントプログラムが付帯のビジネクストがおススメじゃ。更に審査も甘いと噂に聞いておる。一方のライフ一般は利用限度額の高さがウリじゃ。追加カード発行枚数も無制限ゆえ、多くの社員さんにカードを持たせたい経営者さんにおススメじゃ。

 

 

 

 

二枚の法人カード比較合戦一覧

 

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語