信玄の法人カード初めて物語【第五話】法人カードはどう選ぶんじゃ?

現代で起業に挑戦した武田信玄は、ビジネスを軌道に乗せつつあった。法人カードを存分に活用し、天下に号令をかけられるか!?

法人カードはどう選ぶんじゃ?

このページを手早くまとめると

《 法人カードの選び方は、以下の4通り 》

  • コストをかけたくない → 年会費で選ぶべし
  • お得感を大事にしたい → コスパで選ぶべし
  • ブランドにこだわりたい → ステータスで選ぶべし
  • 審査の難易度が気になる → 審査の通りやすさで選ぶべし

 

法人カードは経営者さんの好みで選ぼう

 

社長のアイコンまずは「固定費を切り詰めることがダイスキ」という、コストにシビアな経営者さん。できるだけ出費を抑えたいなら、年会費の安さを優先して選びなはれ。

>> 安さで選ぶ法人カード番付

 

 

武田信玄のアイコン粗食・倹約は、米の少ない甲斐出身のわしらが得意とするところじゃ。ところで、年会費無料の法人カードというのは無いものか?

 

 

社長のアイコン年会費が無料の法人カードはあるんやけど、ビジネスの現場での使い勝手とポイント還元を考えたら、有料のカードを選んだ方が賢いやろな。経営者となれば、多少はブランドにも気を配ることをおススメするで。ただし、滅多に法人カードを使わないけど持ちたい、というなら無料のカードでもええやろな。

>> 年会費無料の法人カードとは

 

 

武田信玄のアイコン勝負どころで投資をケチってはいかんと、勘助からも厳しく言われとるわい。

 

 

社長のアイコン次は「ポイントを貯めるのが好き」という、経営者さん。できるだけ賢くポイントを貯めたいなら、年会費とポイント還元率のバランスで選びなはれ。年間100万~1,000万円以上を法人カードで支払うなら、ポイント還元だけで年会費を上回ることも可能やで。

>> コスパで選ぶ法人カード番付

 

武田信玄のアイコンむむっ!ポイントが貯まるなら、カード払いが楽しみになるのう。

 

ハイステータスなカードは付帯サービスも上質に

 

社長のアイコン次は「社長ならベンツに乗るべし」という、形を大事にする経営者さん。ブランドにこだわりたいなら、ハイステータスな法人カードを選びなはれ。

>> ステータス&付帯サービスで選ぶ法人カード番付

一般的にステータスが高いカードほど付帯サービスは上質なものになるから、チャレンジ精神で申込んでみるのはありでっせ。

 

武田信玄のアイコンうぅ、実は安土城のようなド派手な城に憧れておったのじゃ。どんな切り口で選ぶべきか、迷ってしまうわい。

 

社長のアイコン総合的なバランスで選びたいという、合理的な経営者さんはこっちを見てや。

>> 総合バランスで選ぶ法人カード番付

 

 

起業直後でも、審査に通りやすい法人カードがある

 

武田信玄のアイコン念のため、審査に通りやすいと言われている法人カードも知っておきたいぞ。どれだけ素晴らしい法人カードでも、審査に通らなければ申込みにかかった手間と時間が無駄になるだけじゃ。

 

社長のアイコン

第四話で審査に通りやすくするコツついて紹介したけど、法人カードの審査の難易度が気になる経営者さんは、審査の通りやすさで選ぶのがええやろ。

>> 審査の通りやすさで選ぶ法人カード番付

ここでは、審査に通りやすくて付帯サービスも上質の法人カードが揃っているから、審査に不安を感じる経営者さんに参考にしてもらいたいもんや。

 

武田信玄のアイコンワシも法人カードが作れそうな気がして参ったぞ。先ほども少し聞いたが、年会費が無料の法人カードについて詳しく教えてくれぬか?実は気になって仕方がないのじゃ。

 

 

社長のアイコンよっしゃ。年会費が気になる経営者さんは少なくないし、次回は年会費無料の法人カードを紹介しよか。

 

 

 

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語