【ライフゴールド×オリコゴールド】コスパ最強カードの激闘

【三回戦】二枚の法人カード両雄が相まみえる〜 戦国の名家による法人カード代理戦争がいま、勃発した 〜

 

 

コスパ最強カードの激闘【ライフゴールド×オリコゴールド】

 

戦力値比較

《駿河の泰斗 今川家》

ライフゴールド

項目

《信濃のカメレオン 真田家》

オリコゴールド

8 年会費 9
5 ポイント還元率 10
6 付帯サービス 5
6 限度額 4
5 申込みやすさ 7
6 審査の通りやすさ 10
ライフカードゴールドビジネスの画像 オリコ EX Gold for Bizの画像

 

 

百貨店の合戦〈中規模の百貨店〉駿河百貨店 社長 今川義元と 〈小規模の雑貨屋〉六文銭屋 社長 真田昌幸の戦い

 

ライフゴールド オリコゴールド

〈中規模の百貨店〉駿河百貨店 社長 今川義元

信濃国は海に隣接しておらぬゆえ、駿河湾の海産物を全面に推すのじゃ。信濃国進出を全国展開の足掛かりにいたそう。

〈小規模の雑貨屋〉六文銭屋 社長 真田昌幸

駿河百貨店のような大型店舗に負けるわけにはいかぬ。地域密着を徹底すれば、小規模店でも必ず生き残れるのじゃ!

【先鋒】年会費の争い

 

ライフゴールド オリコゴールド

販売部門 岡部元信

ライフゴールドの年会費は代表者カード、追加カードともに2,000円(税別)。ちなみに初年度年会費は無料ですぞ。小規模店など一捻りにしてくれるわい。

販売部門 矢沢頼綱

オリコゴールドの年会費は2,000円(税別)で、追加カードの年会費は無料。当社も初年度年会費は無料ですぞ。小勢をもって多勢を破るのみじゃ。

 

《鑑定士の総括》追加カード年会費が無料のオリコゴールドが優勢

 

鑑定士 南光坊天海

オリコゴールドは手軽に持てるゴールドカートとして名を馳せておるぞ。但し、4枚までしか発行できぬゆえ、カードが5枚以上必要な経営者さんはライフゴールドにされるがよかろう。

 

 

【次鋒】ポイント還元率の争い

 

ライフゴールド オリコゴールド

バイヤー部門 朝比奈秦能

ライフゴールドのポイント還元率は0.5%。獲得ポイントは最大2年間有効なので、慌ててポイントを使う必要はありませぬぞ。

バイヤー部門 矢澤頼康

オリコゴールドのポイント還元率は0.6~1.1%。年間200万円以上の利用で、翌年のポイント還元率が1.1%までアップですぞ。

 

《鑑定士の総括》高いポイント還元率を誇るオリコゴールドが優勢

 

鑑定士 南光坊天海

ポイント還元率が0.6~1.1%のオリコゴールドが優勢じゃ。年間利用額が200万円の場合のポイント還元は、オリコゴールドが22,000円分でライフゴールドが10,000円分と、JCBゴールドが12,000円分もお得じゃぞ。ポイント重視で選ぶならオリコゴールドで決まりじゃな。

 

 

【五将】付帯サービスの争い

 

ライフゴールド オリコゴールド

営業部門 安部元真

ライフゴールドは旅行保険やラウンジサービスを揃えておりますぞ。国内・海外出張が多い経営者さんにおススメですな。

営業部門 猿飛佐助

オリコゴールドも旅行保険の付帯はあるが、ラウンジサービスが国内16空港と全国各地をカバーするまでは至っておらぬ。。

 

《鑑定士の総括》出張の強い味方になってくれるライフゴールドが優勢

 

鑑定士 南光坊天海

ライフゴールドは出張が多い経営者さんに打ってつけじゃ。国内・海外旅行保険の付帯はもちろん、国内26空港のラウンジサービスも利用可能。さらに旅行予約サービス「Travel Gate」で予約すれば、JALやANAが手軽な価格で乗れるのもありがたいのう。一方のオリコゴールドは電子マネー(Masterコンタクトレス)が付帯しておるぞ。コンビニやドラッグストアでカードリーダーにかざすだけで決済が完了。少額の買い物は個人で立替える方も多いであろうが、そのような面倒ともおさらばできそうじゃ。

 

 

【中堅】利用限度額の争い

 

ライフゴールド オリコゴールド

総務部門 鵜殿氏長

ライフゴールドの利用限度額は10~500万円。JCBゴールドや三井ゴールドの利用限度額を上回るところは、当家の自慢のひとつでござる。

経理部門 馬場信房

オリコゴールドの利用限度額は10~300万円。年会費の安さと比べて、利用限度額は高めに設定されておりますぞ。

 

《鑑定士の総括》高額な利用限度額が期待できるライフゴールドが優勢

 

鑑定士 南光坊天海

500万円以上の利用限度額も期待できるライフゴールドが優勢じゃ。希望する利用限度額が高いほどに提出書類も増えるが、それくらいの準備は大した労苦ではなかろうぞ。一方のオリコゴールドは利用限度額が300万円までとやや低めじゃが、登記簿謄本や決算書の提出が不要なところが魅力じゃのう。

 

 

【副将】申込みやすさの争い

 

ライフゴールド オリコゴールド

秘書室 太原雪斎

ライフゴールドの申込みは郵送でのみ完結。申込書と必要書類が揃わないと、審査が始まらないのじゃ。この勝負は当方が受け身に回っておるな・・。

秘書室 真田幸村

オリコゴールドの申込みはオンラインで完結。審査結果の後で本人確認書類を郵送するので、先に審査結果を知りたい方向けですぞ。一気呵成に攻めかかるのじゃ!

 

《鑑定士の総括》手軽なオンライン申込みのオリコゴールドが優勢

 

鑑定士 南光坊天海

オンラインで申込むと、本人確認書類を送る前に審査結果がわかるオリコゴールドが優勢じゃ。15分もあればオンライン申込みは完了するゆえ、手間をかけずに審査結果がわかるのが魅力的じゃ。
ライフゴールドは申込書と本人確認書類が揃わないと審査が始まらぬ。希望限度額が100万円以上の場合は2期分の決算書や確定申告書も必要となれば、ここはオリコゴールドに軍配が上がろう。

 

 

【大将】審査の通りやすさの争い

 

ライフゴールド オリコゴールド

社長 今川義元

アイフルのグループ企業であるライフの審査は比較的甘め。他社と比べても前向きな審査対応が期待できそうじゃ。皆の者、ワシに続けぇ!

社長 真田昌幸

オリコの審査は甘いことで有名じゃな。代表者の信用情報に問題がなければ、会社設立直後でも審査に通ると聞いておるぞ。六文銭屋の名を後世に残すのじゃ!

 

鑑定士 南光坊天海

「オリコの審査に通らなければ、他では通らない」と言われるほどに、オリコの審査が甘いというのは業界では有名な話じゃ。審査が通るか不安であれば、まずはオリコゴールドを選べば間違いないはずじゃ。
ライフゴールドは決算書や確定申告書の提出を求められるところがやや不安じゃ。設立直後や個人事業主の方には少々厳しい審査結果となるかもしれぬ。

 

 

ライフゴールド オリコゴールド

詰まり、お勧めは?

 

【総合判定】

オリコゴールドの勝利

>> オリコゴールドの詳細・申込みへ

 

鑑定士 南光坊天海

コスパ最強カードの勲章はオリコゴールドに与えられたようじゃ。「年会費」「ポイント還元率」「申込みやすさ」「審査の通りやすさ」でライフゴールドを凌駕し、堅実な経営者さんや法人カードを初めて持つ方にぴったりじゃ。一方のライフゴールドは500万円以上の利用限度額が期待できるゆえ、カード決済額に余裕を持たせたい経営者さんに選ばれておるぞ。

 

 

 

二枚の法人カード比較合戦一覧

 

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語