MasterCardの国際ブランド調査【Visa・JCB・Amex・Dinersと比較】

MasterCardの国際ブランド調査【Visa・JCB・Amex・Dinersと比較】

皆さんはクレジットカードの「5大国際ブランド」をご存じでしょうか?

VisaMastercardJCBAmerican ExpressAMEXDinersClubの5つが「5大国際ブランド」と呼ばれています。これから5回にわたって、それぞれのブランドをご紹介していきます。

5回目はMasterCard(マスターカード)についてご説明します。

この記事は、以下のような読者におすすめです。

  • MasterCardのメリット・デメリットを知りたい
  • VisaとMasterCardの違い、どちらを持つべきかを知りたい

 

 

MasterCardの国際ブランド調査

MasterCardは、Visaと並び世界最大の国際ブランドです。2019年にはラグビーワールドカップの公式スポンサーとして活動していました。

加盟店数は国際ブランドの中でも最多で、公式ホームページでも加盟店数世界一と紹介されているほどです。

【世界一】Mastercardの加盟店数

 国際ブランドでの立ち位置は2番手

先ほのグラフは2018年時点の加盟店数です。より新しい計数を下記の通りまとめました。加盟店数はVisaに劣らぬものの、会員数はVisaに大差をつけられ2番手に位置しています。

 

Visa
(2019
12)

MasterCard
(2019
12)

JCB
(2018
12)

AMEX
(2018
12)

Diners Club
(2020
2)

会員数()

340億

21

1億3,000

1億1,200万枚

加盟店数

61百万

61百万

3千万

23.3百万*

26百万*

利用可能な国や地域

200以上

210以上

23

185

取扱高(USD)

76,650億

38,140

2,722億

10,710億

286億

加盟店数がVisaと同じ理由は、お店がVisaカードを使えるようにする契約をカード会社と結ぶ際、カード会社がMastercardもセットで契約をさせるためです(逆もまた然り)。

Visaの発行枚数が多い理由は、Visaのほうが設立年月が古い(Visa:1958年、MasterCard:1966年)ということもありますが、提携カードの数がMasterCardに比べて多いことが主な要因と考えられます。

国内主要カード会社のVisaとMasterCardの取り扱いカード数をまとめると、Visaと提携しているカードの多さが分かります。(2020年4月時点)

カード会社 Visa MasterCard
イオンクレジット 42種類 30種類
セゾンカード 61種類 39種類
オリコカード 27種類 4種類
楽天カード 9種類 15種類
三井住友カード 252種類 40種類

 

MasterCardブランドの法人カードはこちら

カード名 年会費 追加カード年会費 審査の通りやすさ
オリコゴールド 2,000円(税別)
※初年度無料
法人代表者:無料
個人事業主:発行不可
★★★★★
三井ゴールド 10,000円(税別) 3,000円(税別) ★★☆☆☆
三井for Ownersクラシック 1,250円(税別)
※初年度無料
400円税別)
※初年度無料

★★★★☆
三井for Owners ゴールド
10,000円(税別)
※初年度無料
2,000円(税別)
※初年度無料
★★★☆☆
三井for Owners プラチナ
50,000円(税別)
5,000円(税別)
★★☆☆☆
ライフゴールド 2,000円(税別)
※初年度無料
2,000円(税別)
※初年度無料
★★★☆☆
UCゴールド 10,000円(税別) 2,000円(税別) ★★☆☆☆
ラグジュアリーチタン 50,000円(税別) 15,000円(税別) ★★★★☆
ラグジュアリーブラック 100,000円(税別) 25,000円(税別) ★★★☆☆
ラグジュアリーゴールド 200,000円(税別) 50,000円(税別) ★★★☆☆

 

【比較】Visa(ビザ)とMasterCard(マスターカード)

加盟店数に違いはない両社ですが、細かいところで違いがあります。

Visa MasterCard 
金属カードを発行できる ×
コストコで使える ✖️
Apple Payが使える ✖️
為替レート ×

【MasterCard】金属製のプレミアムカードがある

クレジットカードというと、プラスチック製のカードが一般的です。しかし、プレミアムなカードの中には金属製のカードも存在することをご存知ですか?

MasterCard ブランドの金属製カードを出しているのはラグジュアリーカードのみです。

通常のプラスチックカードが5gであるのに対し、金属製のカードは20gほど。重量感があります。お店で使うと店員に必ず驚かれるのだとか。私自身も一度は持ってみたいカードの一つです。

【MasterCard】コストコで使える唯一のブランド

2018年までアメックスのみ使えましたが、現在は MasterCard のみ使えます。

大量のお買い物で現金支払いは持ち歩きリスクが大きいため、コストコに行かれる方はMasterCard をおすすめします。

【MasterCard】タッチ決済はApple Pay設定可能

MasterCard は タッチ決済用にApple Payを設定することができます。Visaはカードに付帯している電子マネーのタッチ決済ようにApple Payを設定できます。

いずれも国内では問題なく決済はできるので大差ありません。しかし、海外ではVisaカード(正確にはVisaに付帯した電子マネー)をApplepayで支払うことはできませんが、MasterCardの非接触決済を設定していれば国内外問わず決済可能です。

【Visa】為替レートはVisaが優れています

海外での決済する場合、Visaの方がMasterCardよりもレートが良いです。以下の表は、2019年5月から2020年4月までの毎月1日のレートをまとめたものです。

わずかではありますが、VisaのほうがMasterCardよりも良いレートです。海外旅行で多額を決済する場合は、このわずかな差が大きく影響してくるため、海外旅行に頻繁にいかれる方はVisaをお勧めします。

1USDの為替レート(事務手数料0%、単位:JPY)

    Visa MasterCard
2019年 5月1日 111.23 111.54
6月1日 108.26 109.60
7月1日 107.56 108.52
8月1日 108.50 109.31
9月1日 106.10 106.66
10月1日 107.74 108.45
11月1日 107.92 108.25
12月1日 109.39 109.65
2020年 1月1日 108.47 108.91
2月1日 108.28 109.12
3月1日 107.46 110.01
4月1日 107.44 107.94

【判定】VisaとMasterCardのどちらを選ぶべき?

コストコで買い物をする方、金属製のカードが欲しい方、海外でもスマートフォンで決済したい方はMasterCardを選びましょう。そうでない方は、海外の為替レートの点で優位性を持つVisaを選ぶことをおすすめします。

 

【OK】MasterCardの強み

「マスターカードプリペイド」で使いすぎ防止

後払式のクレジットカードのみならず、前払式のプリペイドカードも発行できます。プリペイドカードとは、事前に使用する金額を専用サイトや店頭でチャージし、購入時にチャージ金額から代金を差し引く前払式のカードです。

メリットは使い過ぎを防止できること、年会費や発行手数料が無料なカードが多くお得にカードを作れることです。

デメリットは、チャージをする手間が発生すること、一部利用できないお店(光熱費の集金代行やガソリンスタンド等)があることです。

MasterCardブランドのプリペイドには、dカードプリペイドやau wallet card、JALグローバルウォレットのようにポイントやマイルが貯まるものもあります。サブカードとして発行し、ポイントを効率的に貯めることができます。

「MasterCardコンタクトレス」でスマートに支払い

他の国際ブランドと同様、MasterCardも非接触決済の手段として「MasterCardコンタクトレス」を利用できます。使える加盟店は下記の通りです(2020年4月時点)。

加盟店タイプ

加盟店名(あいうえお順)

飲食店

HUB

McDonalds

コンプレックス、百貨店

表参道ヒルズ

京王百貨店

新丸ビル
(一部除く)

丸ビル
(一部除く)

六本木ヒルズ

コンビニエンスストア

LAWSON

書籍、ヘルスケア、メガネ

TSUTAYA
(一部除く)

Phiten

文教堂
(一部除く)

メガネストアー

交通関連

伊丹空港

Airport Limousine

関西国際空港

神戸空港

Japan Taxi

ペイメントパートナー

ぐるなびPay

Uペイ

 

【NG】MasterCardの弱み

プロパーカードがない

MasterCardはVisaと同様、カード発行会社ではありません。

JCBやAMEX、DinersClubであれば、どの会社とも提携していないカード(プロパーカード)を発行していますが、VisaやMastercardは他のカード会社のみが彼らのブランドのカードを発行しています。

そのため、「とりあえずプロパーカード」という選び方ができず、自分で各カード会社ごとの特徴を比較し、発行する手間があります。

 

まとめ

加盟店数が多く、国内外を問わず使いやすいのがMasterCardです。少なくとも財布に1枚、VisaかMasterCardいずれかをメインカードとして発行することをおすすめします。

 

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語

法人カードの機能・メリットカテゴリの最新記事