【法人カード選びのお悩みを一瞬で解決します】戦国法人カード勢力図がついに完成!

【法人カード選びのお悩みを一瞬で解決します】戦国法人カード勢力図がついに完成!

今回は「法人カード選びのお悩みを一瞬で解決します!」をご紹介します。

 

法人カード選びのお悩みを一瞬で解決します!

これまでに当サイトも含めて、数多くの法人カード比較サイトを見てきましたが、パッと一目で法人カードの全体像が把握できるツールがなかったので、思い切って作ってみることにしました。

ためしにTwitterを見てみても、多くの経営者さんが「どうやってカードを選べば良いかわからない・・と呟いておられます。

これから法人カードを申込まれる方が、このようなお悩みから早々に解放されることを目的に、この記事を書きました。

皆さん、迷いに迷って五里霧中になった揚句、最終的には「年会費が安い」or「審査に通りやすい」or「ステータスが高い」カードを好まれる傾向が見られますので、この3点を網羅した勢力図になっています。

法人カードの模擬審査ツールに続いて、またしても珍妙な記事が出ると聞いて飛んでまいったぞ!天下布武で忙しいワシがわざわざ時間を割いて来てやったのじゃ、滅多な物を見せられたのではタダでは済ませぬぞ!
もちろん心得てござりまする。この度は『戦国法人カード勢力図』が完成しましたゆえ、是非ともお館様にご覧頂きたく存じます。伊能忠敬公の『大日本沿海輿地全図』には足元にも及びませぬが、どうかお納めくださいませ。

 

 

戦国法人カード勢力図でラクラクカード選び

『戦国法人カード勢力図』とは私が勝手に考えた名前でありまして、特に由緒も由来もありません。「地図」よりも「勢力図」の方が響きが良さそうだからという理由です。

 

この勢力図を見てもらえれば、「年会費が安くて、審査に通りやすいカードはどれ?」「審査が厳しくても、ステータスが高いカードはどれ?」などのご質問にすぐにお答えできます。

初めて法人カードを作ろうとお考えの方やカードの切換えを検討されている方にも、有効にお使い頂ければ幸いです。

 

法人カード初心者にお勧めのカード【年会費安い×審査甘い】

カード名 年会費 追加カード年会費 審査の通りやすさ
P-one Business Mastercard 2,000円(税別)
※初年度無料(前年度にカードの利用あれば次年度も無料)
無料 ★★★★★
オリコゴールド 2,000円(税別)
※初年度無料
法人代表者:無料
個人事業主:発行不可
★★★★★
JCB一般 1,250円(税別)
※初年度無料
1,250円(税別) ★★★★☆
三井for Owners クラシック 1,250円(税別)
※初年度無料
400円(税別)
※初年度無料
★★★★☆
ライフビジネス 無料 無料 ★★★★☆
ビジネクスト 無料 無料 ★★★★☆
 オリコスタンダード 1,250円(税別)
※初年度無料
1,250円(税別)
★★★☆☆

 

以上に挙げたカードは年会費が安く、審査に通りやすいことが特徴です。

経営者さんからは「起業して1年も満たない個人事業主でも審査に通るのか?」と質問を受けることも多いですが、申込み者個人の信用情報に大きな問題がなければ、おそらく審査に通るはずです。

審査に通りやすくて年会費が安いとなれば、起業したての方や初めて法人カードを申込む方にお勧めのカードと言えます。

ひとつでも該当がなければ、審査に通る可能性大です

■ 過去5年以内の延滞履歴が3カ月以上
■ キャッシングの借入残高が100万円以上
■ キャッシングの借入社数が3社以上
■ 過去6カ月以内に3社以上の金融商品(カードやローン等)を申込んだ

 

 

見栄を張りたい方にお勧めのカード【ステータス高い×審査甘い】

カード名 年会費 ステータス 審査の通りやすさ
セゾンプラチナ 20,000円(税別)
SS・S・A・B ★★★★☆
アメックスビジネス 12,000円(税別)
※初年度無料
SS・S・A・B ★★★★☆
アメックスゴールド 31,000円(税別)
※初年度無料
SS・S・A・B ★★★★☆
JCBゴールド 10,000円(税別)
※初年度無料
SS・S・A・B ★★★☆☆
 ライフゴールド 2,000円(税別)
※初年度無料
SS・S・A・B ★★★☆☆

 

以上に挙げたカードはステータスが高く、審査に通りやすいことが特徴です。

「アメックスの審査が通りやすいなんて考えられない」との声が聞こえて来そうですが、実はそこまで怖れるに足りません。

業種も業歴も業歴も問われずに、大事なのは申込み者個人のクレジットカードやローンの利用実績と返済実績のみと言っても過言ではありません。要するに、借りたら返すを繰り返していれば、審査に通るはずです。

審査に通りやすくてステータスが高いとなれば、少し背伸びをしてライバルの経営者さんに差を付けたい方にお勧めのカードと言えます。

ひとつでも該当がなければ、審査に通る可能性大です

■ 過去5年以内の延滞履歴が3カ月以上
■ キャッシングの借入残高が100万円以上
■ キャッシングの借入社数が3社以上
■ 過去6カ月以内に3社以上の金融商品(カードやローン等)を申込んだ

 

本物志向の方にお勧めのカード【ステータス重視×審査厳しい】

カード名 年会費 ステータス 審査の通りやすさ
ダイナースクラブ 27,000円(税別)
SS・S・A・B ★☆☆☆☆
三井for Owners プラチナ 50,000円(税別) SS・S・A・B ★★☆☆☆
三井ゴールド 10,000円(税別)
SS・S・A・B ★★☆☆☆
三井for Owners ゴールド 10,000円(税別)
※初年度無料
SS・S・A・B ★★★☆☆
UCゴールド 10,000円(税別)
SS・S・A・B ★★★☆☆

 

以上に挙げたカードはステータスが高く、審査に通りにくいことが特徴です。

どうしても審査が厳しくなるために、世間受けするカードではありませんが、ダイナースクラブ三井for Owners プラチナなどは、ステータスの高さも一流です。

見る人が見れば、アメックスゴールドセゾンプラチナよりも高価なステータスカードだとわかります。もし私が使っている人を見れば、きっと明らさまに態度を変えます。

審査に通りにくい分、持てる人も少ないという理屈で、本物志向の方にお勧めのカードと言えます。

 

上記以外の方にお勧めのカード【年会費安い×審査厳しい】

カード名 年会費 追加カード年会費 審査の通りやすさ
三井クラシック 1,250円(税別)
400円(税別) ★★★☆☆
UC一般 1,250円(税別)
1,250円(税別) ★★★☆☆

 

以上に挙げたカードは年会費が安く、審査に通りにくいことが特徴です。

どちらかと言えば特筆すべき点はなく、あくまでも「三井住友カード」や「UCカード」のブランド名に魅力を感じて申込まれる印象です。

個人的に「お勧めのカードはどれ?」と質問されて勧めることはありませんが、分類で区別してみました。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。数も多くて選ぶのに一苦労する法人カードですが、今回の記事の図を参考にカード選びを進めて頂ければ幸いです。

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語

法人カードの機能・メリットカテゴリの最新記事