【飲食店経営者におすすめの法人カード】審査の通りやすさで選びましょう!

【飲食店経営者におすすめの法人カード】審査の通りやすさで選びましょう!

現役の法人カード営業マンである私が、各業界でのカードの使われ方やおすすめのカードをご紹介する、『この業界には、このカードだ!』。

 

この業界には、この法人カードだ!【飲食店編】

今回は【飲食店編】をお届けします。飲食店を経営されている方に、数ある法人カードの中から珠玉の1枚をご紹介してまいります。

来月、明国から使者がやって来るのであるが、いずこの店で接待すれば良いのであろうか。赤坂の和食店か、はたまた横浜の中華料理店か、、考えれば考えるほどわからなくなってしまうわい。。
「下手な考え休むに似たり」じゃ。アメックスやセゾンは予約代行サービスを有しておるゆえ、店選びはカード会社に丸投げじゃ。また、飲食店経営者がアメックスやセゾンを持っていれば、お店がタダで紹介されるかもしれぬぞ。

 

飲食店経営者の方におすすめのカード

カード名 年会費 追加カード年会費 ポイント還元率
 オリコゴールド 2,000円(税別)
※初年度無料
法人代表者:無料
個人事業主:発行不可
0.6 ~ 1.1%
アメックスゴールド 31,000円(税別)
※初年度無料
12,000円(税別) 0.5 ~ 1.0%
 アメックスビジネス 12,000円(税別)
※初年度無料
6,000円(税別) 0.5 ~ 1.0%
 セゾンプラチナ 20,000円(税別) 3,000円(税別) 0.5 ~ 1.0%

 

 

飲食店経営者の方は「審査の通りやすさ」がポイント

飲食店の経営者の方におすすめするのは「審査に通りやすいカード」です。審査の通りやすさとは、審査対象が個人与信(申込み者個人の信用情報のみ)であり、会社の業種や業歴、決算情報は審査の対象外となるカードです。

審査通過 ◯

 個人事業主で、しかも仕事開始から1年経過していなかったので、事業の実績を示せずに審査に通らないと思っていました。それでも審査に通過できたのは、審査が通りやすいと評判のカード会社を選んだことと、事業資金は個人事業主としては豊富に用意していた点が評価されたと予想しています。

 

【クレジット返済】利用なし
【申込み時の状態】個人事業主 業歴6ヶ月 黒字決算 飲食業 

審査通過 ◯

 どうゆう審査で通るか通らないかわからなかったので、通ってとても良かったです。昔、携帯を滞納したことがあるので審査が通らないと思ってました。有名なところは審査が厳しいイメージです。

 

【クレジット返済】利用なし
【申込み時の状態】法人 業歴5年6ヶ月 黒字決算 飲食業 

審査通過 ◯

 設立後カードを作成したことがなく、他のカードでの申請を落ちたばかりだったので審査に通るか不安だった。アメックスは審査に通りやすいカードと聞いたので試しに申し込んでみた。しかし審査にはしばし時間がかかり心配だった。

 

【クレジット返済】利用なし
【申込み時の状態】法人 業歴1年 黒字決算 飲食業 

起業したばかりの個人事業主の方や、税金対策で赤字決算にされている法人経営者の方でもチャレンジ可能です。「ご自身が審査に通りそうか?」「審査に通りやすいカードはどれか?」はあなたが審査に通りそうなカードに詳しく書かれていますので、参考にして下さい。

なぜ飲食業界の方には「審査の通りやすさ」がポイントかと言えば、カード会社が飲食業界の安定性を評価していないからです。飲食店が立ち並ぶ激戦区ともなれば、同じ場所でも入っている店が目まぐるしく変わっていきます。カード会社は飲食業界を入れ替わりが激しい業界と見ていますので(参照:『飲食店の倒産動向調査(2017 年度)』)審査対象が申込み者個人の信用情報のみ(会社の情報を審査されない)のカードをおすすめします。

 

法人カードは飲食業界でこのように使われています

【飲食店経営者の法人カードの決済例】

・公共料金(電気代・ガス代・水道代)
・固定電話、携帯電話の電話料金
インターネットの利用料金
・有線放送の利用料金
・食材の仕入れ代

飲食店の規模ごとで異なりますが、毎月約30~100万円のカード利用が発生します。主に公共料金や食材の仕入れ代でカード決済が利用されており、若手経営者の方ほど多く利用されている印象です。

私が特に法人カードをおすすめするのは、食材の仕入れに強いこだわりを持っておられる飲食店経営者の方です。イタリアンやフレンチなどの専門レストランとなると、お抱えの仕入れ業者の数が30社を数えるところもあります。当然、毎月それぞれの仕入れ業者へ支払いが発生しますが、振込先の銀行も口座も同じではありません。

例えば、支払い1件当たりの振込手数料500円と振込に掛かる時間が3分とすると、30件で手数料が1万5千円と振込に掛かる時間が90分必要となります。これが12カ月となると、手数料が18万円と振込に掛かる時間が18時間です。

飲食業界で生き残るには、まず固定費を抑えることが必須事項です。毎月の支払いにコストと時間を取られるのは、実にもったいないことだと思います。そこで法人カードでの支払いに切り替えれば、振込手数料も振込に掛かる時間も不要になります。一方、カードの利用金額に応じてポイントも貯まるので、一石二鳥ではないでしょうか。

 

タダでお客様を紹介してくれるカード会社がある!?

あまり知られていませんが、カード会社によっては無料でお客様をお店に紹介してくれることもあります。私が知る限り、アメックスとセゾンにはレストラン予約代行サービスがあり、カード会社には毎月50件前後の問合せ電話が掛かってきます。

問合せの内容は様々で、「○○のレストランを予約して欲しい」と言う具体的なものから、「接待で使うのに、落ち着いた雰囲気の、割烹料亭を押さえて欲しい」と言う曖昧なものまで様々です。カード会社の担当者が困るのは後者でして、電話だけで依頼主の意図をくみ取るのは至難の業です。

そこで、カード会社はレストランや料亭のリストを用意して対応しています。もし、飲食店の経営者の方がアメックスゴールドセゾンプラチナの法人カード会員であれば、カード会社のリストにお店を掲載してもらえるかもしれませんので、何もせずともカード会社からお客様が紹介される流れが作れます。

いかがでしょうか、このように法人カードには飲食業界ならではのメリットもあります。経費精算の手間を減らしてポイントも貯まるとなれば、飲食店の経営者の方にこそ法人カードをおすすめします。

 

まとめ

飲食店経営者におすすめの法人カード
・カード選びの基準は「審査の通りやすさ」
・仕入れ先の件数が多いほど、支払いは法人カードが便利
・アメックスやセゾンを持てば、タダでお店を紹介してくれることも

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語

法人カードの機能・メリットカテゴリの最新記事