法人カードが従業員の自己破産で使えない?!【影響ありません】

法人カードが従業員の自己破産で使えない?!【影響ありません】

今回は「従業員が自己破産した場合に法人カードはどうなるか?」をご紹介します。

 

従業員が自己破産したら、法人カードはどうなる?

従業員さんの中には、諸事情から自己破産せざるを得ない状況の方もいらっしゃるかもしれません。そんな方に法人カードを渡している場合、そのカードだけ使えなくなるのでしょうか?もしカードが使えたとしても、自己破産した方にカードを持たせて大丈夫なのでしょうか?

その辺りの疑問を一気に解消してまいります。

名前は申上げられぬが、お館様が法人カードを持たせている武将が自己破産の手続き中との噂を耳にしたのじゃ。もし噂が本当であれば、カードは使えなくなるのじゃろうか?もしくは先にカードを召し上げた方が賢明じゃろうか?
そなたの心配もわからぬではないが、法人カードを持っている従業員が自己破産したところで、カードには何の影響もないのじゃ。カードの利用内容に問題がなければ、わざわざ取り上げる必要もあるまい。どれ、ワシが詳しく解説してやろう。

 

従業員が自己破産してもカードに影響はありません

基本的に、従業員さんが自己破産されてもカードに影響はありません。自己破産だけでなく、債務整理の場合も同じです。従業員さんの追加カードだけが利用停止になったり、利用限度額が下がることはありません。

法人カードの仕組みとして、代表者カード(親カード)の下に追加カード(子カード)がぶら下がっているので、審査の段階で従業員さんがブラックリストに載っていたとしても、申込み者(代表者)の信用情報に問題がなければカードは発行されます。

「従業員の彼はブラックリストに載っていると言ってたから、追加カードは発行されないだろう」とか「秘書の彼女は最近、自己破産したはずだから追加カードが使えないはずだ」は杞憂に過ぎませんのでご安心ください。カード会社が見ているのは①申込み者の信用情報カードの利用内容支払い実績の3点です。

 

代表者が自己破産すればカードは強制解約に!

一方、カードを申し込んだ代表者が自己破産した場合、すべてのカードが強制解約になります。(詳しくは自己破産の経験があっても法人カードの審査に通るのか?!をご覧ください。)

強制解約に到る流れとしては、カードを申し込んだ代表者が破産手続きの申請をして認可されると、信用情報機関の情報に「異動」と記載されてブラックリストに情報が掲載されます。

各金融機関はその情報を確認すると、有無を言わせず一斉にカードを強制解約します。代表者カードはもちろん、従業員さんに持たせている追加カードも使えなくなります。

また、法人カードの支払い期日に遅れてしまった場合には、連帯保証人である申込み者の信用情報に傷がつきます。「法人カードは法人名義なんだから、支払いに遅れても個人は関係ないよ」と勘違いされておられる方も散見しますが、まったくの誤りです。

法人カードは必ず申込み者を連帯保証人として求めます。もし、法人カードの支払いに遅れそうになったら、取り返しが付かなくなる前に、死に物狂いで金策に走ってださい。ほんの気休めですが、法人カードの支払いに遅れそうな経営者さんへを参考にしてもらえたらと思います。

 

※従業員の私的利用には注意が必要です

以前の記事であなたの従業員は大丈夫?!法人カード私的利用の事例4選を紹介しましたが、従業員さんのカードの使い方には十分に注意を払うことが大切です。従業員さんが自己破産したところでカードに影響はありませんが、借金の返済に困った従業員さんが、カードを使って現金化するかもしれません。

「取引先への差し入れで買いました」と偽って、金券や商品券(Amazonギフト券やGooglePlayギフトカードなど)を購入した形跡があれば、すぐに問い詰めて真実を質しましょう。あまりにも不自然なカード利用があった場合、カード会社から問合せの電話が入ります。(参考:油断は禁物!法人カード発行後の途上管理のウラ話

いったんカード会社に目を付けられると、その後のカード利用に支障をきたすこともありますので、自己破産したと見受けられる従業員さんのカード利用には、普段以上に目を光らせることをお勧めします。

 

まとめ

いかがでしょうか。従業員さんが自己破産しても追加カードに一切影響はありません。ただし、カードを申し込んだ代表者が自己破産をされるとすべてのカードが強制解約になりますので、くれぐれもご注意ください。

また、自己破産したと思われる従業員さんのカード利用には、いつも以上に目を光らせる必要があります。社内ルールを逸脱した利用(カードを使って現金化など)があれば、カードを取り上げることも想定に入れましょう。

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語

法人カードのウラ話カテゴリの最新記事