法人カードの審査に通る確率は?!【申込みの80%以上】

法人カードの審査に通る確率は?!【申込みの80%以上】

今回は「法人カードの承認率はどれくらい?」をご紹介します。

《審査の甘い法人カードランキング5選》
おすすめ 1位 オリコゴールドオリコゴールド
2位 三井住友for Owners クラシック
3位 セゾンプラチナ
4位 アメックスビジネス(グリーン)アメックスビジネス(グリーン) 
5位 アメックスゴールドアメックスゴールド

 

法人カードの承認率はどれくらい?

謎のベールに包まれている審査の話は、現役の法人カード審査担当者としてご活躍されている三浦さんにご説明頂きましょう。どんな話が聞けるのか、是非お楽しみください。

ハァ、いずれの比較サイトを拝見しておっても、ため息しか出ぬわ。あちこちで「法人カードの審査は通りにくい」と書かれておるが、実際のところ審査の承認率はいかがなものでござろうか。
家康殿は驚かれるかもしれぬが、実は法人カードに申込んだ80%以上の方が審査に通っておるのじゃ。どうじゃ、びっくりしたであろう。「そこまで驚いておらぬ」とな?お主もなかなか頑固じゃのう。

 

法人カードの承認率は約80~90%です

こんにちは、某クレジットカード会社で審査担当者として勤務しております三浦と申します。今回は「法人カードの審査の承認率はどれくらい?」というお題でお話させていただきます。

あくまでも目安の数字ですが、一般的に法人カードの承認率は約80~90%です。承認率とは、申込み者数に対して審査OKの回答を出した方の割合です。つまり、100人の方が法人カードに申込んだ場合、80~90人の方が審査に通る計算になります。

これが個人のクレジットカードでは、承認率は約70~80%まで下がります。この差は簡単に説明できまして、法人カードを申込む方は、事業を起こされるだけあって個人の信用情報(クレジットの返済・支払い能力)に問題がある方が軒並み少ないのですが、個人カードを申込む方はご自身の信用情報など気にもされません。ブラックリストに情報が載っているかどうかを意識されることもないでしょう。

「それにしても数値が高すぎるんじゃないか?」「そんなに簡単に審査に通るわけがない」とお感じになる方もいらっしゃるかもしれませんが、決して大げさに書いていません。実際、皆さんが想像されているよりも法人カードの審査は通りやすいのです。その辺りの事情をこれからお話ししてまいります。

 

大切なのは、申込み者の信用情報

「年収なんて200万円もないのに無理だろう」「起業して3か月で審査に通るわけがない」という声が聞こえてきそうですね。たしかに、年収500万円以上や業歴3年以上が必須となる法人カードは存在します。そんなカードに申込んでしまっては、ただの機会損失です。これは申込むカードを間違えているのです。

実は、カードの審査のほとんどの工程で人間ではなく機械(スコアリングシステムによる自動審査)が担当しています。審査担当者は利用限度額の調整程度の関わりしかありません。こちらがカードの審査の流れです。

 

①カード会社に申込みが到着
②スコアリングシステムによる自動審査
③審査担当者による手動審査
④本人への結果通知

 

スコアリングシステムでは、申込み者の信用情報(クレジットの返済・支払い能力)や会社情報にひとつずつ点数を付けていき、最終的に審査OKか審査NGの判定を出します。参考として、以下の項目が審査されています。

  • あなたの昨年度の税込年収は?
  • 現職の勤続年数は?
  • ご自宅は持ち家or賃貸?
  • 自宅に固定電話は?
  • 過去5年以内の延滞履歴は?
  • クレジットカード所有枚数は?
  • キャッシングの借入残高は?
  • 自己破産の経験は?
  • 過去半年以内に3社以上の金融機関でクレジットやローンを申込んだ経験は?
  • あなたの会社形態は法人?個人?
  • 昨年度の年商は?
  • 創業からの業歴は?
  • 従業員数は?
  • 当期利益は?

繰り返しになりますが、審査で重要になるのが申込み者の方の信用情報(クレジットの返済・支払い能力)です。優先されるのは個人の信用情報であって、会社情報ではありません。

これまで個人カードやローンの利用実績があり、毎月の返済日に遅れることがなければ、たいていの法人カードの審査に通るということを重ねて申し上げておきます。

 

審査に通りそうな法人カードが事前にわかります

先ほど、法人カードの審査に通らないのは①申込み者の信用情報に問題があるから申込むべきカードを間違えているから、のどちらかであるというお話をしました。この2つを踏まえつつ、あなたが審査に通りそうな法人カードが事前にわかるしくみをご案内します。

あなたが審査に通りそうなカードはどれ?60秒で模擬審査では、皆さんのカード選びのお手伝いができれば幸いです。模擬審査では14個の簡単な質問に回答すると、各カードの審査に通る確率が出力されます。ご自身の信用情報を測定する上でも一度試してみてください。※私が監修で関わっている自信作です。

判定の結果、A判定やB判定が出たカードは比較的審査に通りやすいカードと考えて頂いて構いません。C判定やD判定が出たカードは時期尚早とお考え頂き、カード選びを再考されることをおすすめします。

 

初めて法人カードを申込むならこの1枚がおすすめ

カード名 年会費 追加カード年会費 ステータス 審査の通りやすさ
オリコゴールド 2,000円(税別)
※初年度無料
法人代表者:無料
個人事業主:発行不可
SS・S・A・B ★★★★★
セゾンプラチナ 20,000円(税別) 3,000円(税別) SS・S・A・B ★★★★☆
三井for Owners クラシック 1,250円(税別)
※初年度無料
400円(税別)
※初年度無料
SS・S・A・B ★★★★☆
アメックスビジネス 12,000円(税別)
※初年度無料
6,000円(税別) SS・S・A・B ★★★★☆
JCB一般 1,250円(税別)
※初年度無料
1,250円(税別)
※初年度無料
SS・S・A・B ★★★★☆
ライフビジネス 無料 無料 SS・S・A・B ★★★★☆

 

法人カードを初めて持つならこの1枚でも紹介されていますが、上記のカードはいずれも「お手頃な年会費」「ある程度のステータス」「審査の通りやすさ」をバランスよく兼ね備えています。

申込み者の信用情報に問題がなければ、業歴や年商や従業員数とはまったく関係なく審査に通るはずですので、初めて法人カードを持とうとお考えの方におすすめできるものばかりです。

 

万が一、審査に通らなかった場合の対処法とは

ここまで景気の良い話を書いてきましたが、少数のケースで審査に通らないことも考えられます。
そこで焦って次から次へと審査に通るまで申込みを続けるのは愚の骨頂です。まずは時間を置いて気持ちを切り換えてから、以下の通り手続きを進めていってください。目的は綺麗なクレジットヒストリーを積み重ねることです。

  1. CICでご自身の信用情報を確認する。(参照:『CICで自分の信用情報を確認』
  2. これまでの支払い遅れや未払い分が残っていれば、すぐにでも完済する。
  3. 現在支払い中のクレジットカード、ローン、キャッシングは1回でも遅延しない
  4. 半年間は新しくクレジットカード、ローン、キャッシングを申込まない
  5. 7か月目にもう一度法人カードを申し込む

この順番通りに進めて頂ければ、ほとんどの場合で再チャレンジに成功すると思われます。ただし、申込み者の信用情報がブラックリストに掲載されていた場合、このやり方では到底解決できませんので、5分でわかる!ブラックリストからの脱出方法①を参考になさってください。

 

まとめ

審査担当者より一言

法人カードの承認率は約80~90%と高いので、審査に通るかどうか取り越し苦労は不要です。審査に通らない理由は「申込み者の信用情報に問題がある」「申込むべきカードを間違えている」のどちらかです。
一発で審査に通るためにもあなたが審査に通りそうなカードはどれ?60秒で模擬審査でご自身に相応しいカードを見つけて頂ければ幸いです。

 

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語

法人カードのウラ話カテゴリの最新記事