ラグジュアリーカードブラック【年会費10万円で高級サービス】

ラグジュアリーカードブラック【年会費10万円で高級サービス】

今回は「ラグジュアリーカードブラックの比較と評判」をご紹介します。

 

ラグジュアリーカードブラックの比較と評判

ラグジュアリーカードブラックとは、MasterCardの最上位ステータスの「ワールドエリート」が採用されたクレジットカードです。

ブラックのほかにもチタンゴールドがありますが、いずれも特許取得済の金属製のカードとなっています。個人としてはもちろん、法人カードとしても申し込むことができます

通常、クレジットカードは一般ゴールドプラチナブラックの順でステータスが上がっていきますが、ラグジュアリーカードはチタンブラックゴールドの順でステータスが上がっていきます。

 ラグジュアリーカードはこんな人におすすめ

  • 人とは違う変わったクレジットカードを持ちたい!
  • ステータスの高いクレジットカードを持ちたい!
  • 金属製カードを自慢してモテたい!
  • かっこいいカードを法人カードとして持ちたい!
  • 期待を超える付帯サービスがあるクレジットカードを持ちたい!

 

【年会費】100,000円(税別)

カード名 代表者カード年会費 追加カード年会費
ラグジュアリーブラック 100,000円(税別) 25,000円(税別)

ラグジュアリーブラックの年会費は、本会員100,000円、家族会員25,000円です。年会費が同水準のカードは下記2つです。

  • ダイナースクラブプレミアムカード(120,000円のブラックカード) ※招待制
  • アメックスプラチナカード(130,000円のプラチナカード)

ラグジュアリーブラックはラグジュアリーカードの中では中間のランクにはなりますが、世間一般と比較すると最高クラスのカードといえます。

また、ラグジュアリーカードはMastercard独自のランクの中でも最高位の「ワールドエリート」に属するため、世界クラスのステータスといえるでしょう。

ただし、ラグジュアリーカードブラックの年会費は10万円(税別)と決して安くはありません。年会費をかけたくない方は、下記の中からお選びください。

初年度年会費無料の1枚はこちら

いずれも初年度無料なので、1年間使って気に入らなければ解約でOKです。私も毎年、いろいろなカードを乗り換えています。

カード名 ポイント還元率 ステータス 審査の通りやすさ
オリコゴールド 0.6~1.1% SS・S・A・B ★★★★★
オリコスタンダード  ポイントプログラム無し SS・S・A・B ★★★☆☆
JCBゴールド 0.5~0.8% SS・S・A・B ★★★☆☆
JCB一般 0.5~0.75% SS・S・A・B ★★★★☆
アメックスビジネス 0.3~1.0% SS・S・A・B ★★★★☆
amex-business-goldアメックスゴールド 0.3~1.0% SS・S・A・B ★★★★☆
三井for Owners ゴールド 0.45~0.5% SS・S・A・B ★★★☆☆
三井for Ownersクラシック 0.45~0.5% SS・S・A・B ★★★★☆

 

【 審査基準】起業したての個人事業主でも通ります

ラグジュアリーカードブラックはハイステータスなカードではありますが、審査は意外と通りやすいと評判です。アプラスの審査担当者からこっそり仕入れた情報によると、審査基準は下記のとおりです。

  • 申込み者の年齢が満20歳以上
  • 年収が500万円以上
  • 過去5年以内の延滞履歴が1ヶ月以内
  • キャッシングの借入残高が50万円以下
  • キャッシングの借入社数が3社以下
  • 過去に自己破産の経験なし

詳細は以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

法人カード初心者におすすめの1枚

とはいえ、ラグジュアリーカードを初めての法人カードとして持つには、少しハードルが高いかもしれません。そこで、法人カード初心者の方向けの1枚をご紹介します。

カード名 年会費 追加カード年会費 ステータス 審査の通りやすさ
オリコゴールド 2,000円(税別)
※初年度無料
法人代表者:無料
個人事業主:発行不可
SS・S・A・B ★★★★★
セゾンプラチナ 20,000円(税別) 3,000円(税別) SS・S・A・B ★★★★☆
セゾンコバルト 1,000円(税別) 無料 SS・S・A・B ★★★★★
アメックスビジネス 12,000円(税別)
※初年度無料
6,000円(税別) SS・S・A・B ★★★★☆
JCB一般 1,250円(税別)
※初年度無料
1,250円(税別)
※初年度無料
SS・S・A・B ★★★★☆
ライフビジネス 無料 無料 SS・S・A・B ★★★★☆

 

【還元プログラム】キャッシュバック/ポイント還元

ラグジュアリーブラック2つ(キャッシュバック/ポイント還元)の方法で会員へ還元をしています。 

 

キャッシュバック還元率

賞品交換還元率

有効期限

ラグジュアリーブラック

1.25%

2.75%

5年

ラグジュアリーブラックのキャッシュバック還元率は1.25%。ダイナースクラブプレミアムカードは還元率1.5%ですが招待制のため限られた人しか申し込むことができません。自由に申し込むことができるクレジットカードの中では還元率は高いといえます。

  • ダイナースクラブプレミアムカード 1.5%(招待制)
  • アメックスプラチナカード 1%

貯めたポイントはギフト券やワイン等の商品や、マイルに交換することもでき、この場合の還元率は2.75%と通常のキャッシュバックよりも高くなります。

ギフト券はAmazonギフトカードやスターバックスカード、マイルはANAJAL、ハワイアン航空、ユナイテッド航空のマイルに手数料無料で交換できます。

 

【付帯サービス】コンシェルジュ、映画館無料など

2020年2月7日のラグジュアリーカードの事業戦略発表会によると、チタンよりもブラック・ゴールドの会員比率が高くなっています。

2017年と2019年の実績を比較すると、チタン63%→40%、ゴールド・ブラック37%→60%、と上位会員比率が増加しています。なぜこのような推移になっているのか、チタンとブラックの特典の違いから読み解いていきましょう。

24時間365日利用可能なコンシェルジュサービス

  • 急な出張で宿泊施設がどこも空いていない
  • 映画の俳優が履いている靴が欲しいが、どこのブランドのものか分からない
  • ウェディングサプライズをしたいが良い案が思いつかない

ラグジュアリーカードは、上記のような相談もコンシェルジュサービスで対応してくれます。以前の相談内容に沿った回答をしてくれるため、まさに専任のコンシェルジュとして活用できます。

ラグジュアリーチタンが電話での問合せが必要なのに対し、ラグジュアリーブラックでは初回からメールでの相談が可能です。

電話をかける時間がない方、参考にしたいホームページのURLや写真をコンシェルジュに送りたい方におすすめです。

ラグジュアリーカードコミュニティで人脈構築

ラグジュアリーカード会員の交流の場として、一流ホテルで定期的にイベントが開催されます。

大切な人とゆっくり過ごすも良し、会員同士で交流するも良し、ワインをじっくり味わうも良しあらゆる方法で楽しむことができます。

法人向けのイベントもあり、ビジネスにプラスになる人脈も広げられます。

会員制高級ラウンジが入会金・会費免除で利用可

銀座にある会員制のバーラウンジ「VILLA FOCH GINZA」(ヴィラフォッシュギンザ)を、入会金や月会費免除でカードラウンジとして利用できます。通常であれば年間21万円も支払わなければならないため、この分だけで年会費がペイできます。

チタンカード会員は都度利用料として1,500円かかりますが、ゴールドとブラック会員であれば利用料も免除!また、ラグジュアリーカードのサービスの一つ「Luxuary Lounge Hour」を利用すると、2,500円でドリンク2杯とフィンガーフード3種類が楽しめます。

VILLA FOCH GINZAは銀座4丁目交差点から徒歩30秒と立地抜群。お買い物の途中に立ち寄ったり、落ち着いた環境で仕事をしたりするのに最適です。

映画館や国立美術館が無料で鑑賞

ラグジュアリーカード会員になると、全国のTOHOシネマズで映画を無料で鑑賞できます。

ラグジュアリーチタンは月に最大1回無料鑑賞できますが、ラグジュアリーブラックは最大2回鑑賞可能です。レストランや旅行優待と異なり、日常使いできる優待があるのは便利です。

他にも、国立美術館を会員本人と同伴者1名まで何度でも無料で鑑賞することができます。 チタンカードは無料鑑賞が常設展のみに限られているのに対し、ブラックカードは企画展も楽しむことができます。

レストラン優待で感動的なおもてなし

ラグジュアリーリムジンでは、ラグジュアリーカードが厳選した名店や隠れ家レストランを予約することができます。さらに驚きなのが、ラグジュアリーブラック会員であれば、当日レストランまで片道送迎してくれるのです。特別な日にぜひ利用したいサービスです。

 

ハワイアン航空のステータス「Pualani Gold」を獲得

ラグジュアリーブラックでは、ハワイアン航空独自のプログラムの「Pualani Gold」のステータスを獲得できます。チタンにはこの特典はありません。

通常、このステータスを獲得するには以下の条件のうちいずれかを達成しなければなりません。

  • 2万マイルの獲得
  • 30区間の搭乗

Pualani Goldステータスになると、無料アップグレードや搭乗ボーナスマイルといった特典を受けることができるので、ハワイアン航空の利用が多い方にはおすすめです。

 

ラグジュアリーカードブラックの評判

Good】有事の際にも柔軟なサービスを提供

ラグジュアリーカードでは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け自宅で過ごす時間が増えた会員に、dTVやオンラインヨガサイトを無料で視聴できるサービスを提供しました。

【Good】とにかく見た目がかっこいい

金属製の見た目や重量感が生み出す特別感は他のカードでは感じることができません。ラグジュアリーブラックはチタンと異なりマットな質感です。

金属製のカードと分かりやすいのはチタンですが、手触りの高級感はブラックに軍配が上がります。

【Bad】金属製だからこそ使えない場合も

レストランやスーパーなど、ICチップを読み取る決済端末であれば通常のプラスチックカードと同様に使うことができます。

しかし、一部券売機のようにカード全体を吸い込んで読み取るような決済端末の場合、ゆるやかに曲げて読み取っています。そのため、金属製のラグジュアリーカードの場合利用ができない場合があります。

上記に加え、金属だからこその弊害として「重さ」があります。通常のプラスチックカードの3倍の重さになるので、普段小銭を持ち歩かないスマートな財布を持っている方は、財布の中の存在感が気になってしまうかもしれません。 

【Bad】サービスの提供エリアが限定的

ラグジュアリーカードは、レストラン優待のメインは東京都内のお店のため、東京以外に住まわれている方には優待を存分に活用するのは難しいようです。

また、TOHOシネマズの優待も毎月数量限定のため、獲得できない会員も発生しています。

【Bad】特典を活用しきれない・・

上記の評判に付随しますが、特典を活用しきれないために年会費がもったいなく感じる会員もいるようです。

海外旅行に頻繁に行く、東京に住んでいる等、一定の条件を満たさなければサービスを受け続けるのは難しそうです。逆に言えば、優待を十分に活用できれば継続する価値はありますね。

 

まとめ

ラグジュアリーブラックは、特典を活用できる生活スタイルを営む人にはもってこいのハイステータスカードです。

サービスは年会費をペイできるほど充実しているので、とにかくステータスにこだわりたい方、決済機能よりも付帯サービスを重視したい方はぜひご検討ください。

 

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語

法人カードの口コミ・評判カテゴリの最新記事