年収200万円でも法人カードの審査に通る?!【年収0でも可能性大】

年収200万円でも法人カードの審査に通る?!【年収0でも可能性大】

今回は「年収200万円以下でも審査に通るのか?」をご紹介します。

 

年収200万円以下でも審査に通るのか?

謎のベールに包まれている審査の話は、現役の法人カード審査担当者としてご活躍されている小野さん(仮名)にご説明頂きましょう。どんな話が聞けるのか、是非お楽しみください。

当家の様な大大名でこそ、立派な法人カードが持てるというものじゃ。さすがに尾張一国も満足に統べられぬ織田家では、法人カードが発行されるなど夢のまた夢であろう。まだまだ鍛練が必要じゃ。
何を申されるか!当家は年収200万円にも満たぬ小大名ではあるが、このとおり法人カードを持っておるわ!大切なのは収入ではなく、申込み者の信用情報じゃ。しっかり目を開いて記事を読むと良かろう。

 

申込み者の年収は審査にさほど影響しません

こんにちは、某クレジットカード会社で審査担当者として勤務しております小野(仮名)と申します。今回は「年収200万円以下でも審査に通るのか?」というお題でお話させていただきます。

結論から申し上げると、年収は審査にさほど影響しません。理由は簡単で、年収の金額が自己申告になるからです。申込み者から自己申告されたものをそのまま信じるほど、審査担当者は甘くありません。

確実なデータとして検証できるものでなければ、基本的にアテにしないというスタンスです。

もちろんカード会社が本気を出せば、申込み者に収入証明書(給与明細書や源泉徴収票)を提出させることで、正確な年収を確認できますが、手間が掛かるのでそこまではやりません。

また、個人事業主の年収には諸経費が含まれているので、正確に年収を知ることは不可能と考えています。

ちなみに各カード会社は、自社製のモデル年収を参考にして申込者の大まかな年収を測ります。モデル年収とは、「業種」×「勤続年数」で年収を予測するもので、算出されたモデル年収から大きく外れる場合は虚偽申告と見なされます。見え透いたウソはバレるのでやめておきましょう。。

年収が少ないから審査に通らないかも・・と不安な方は、せめて現実の年収の1.5倍以内で申告をお勧めします。年収200万円の方は300万円に、年収600万円の方は900万円の申告であれば、モデル年収から大きく外れることはないと思います。
ただし、申告は自己責任にてお願いします。。

 

年収200万円以下で審査に通りそうなカードはこちら

カード名 年会費 追加カード年会費 ポイントプログラム
オリコゴールド 2,000円(税別)
※初年度無料
法人代表者:無料
個人事業主:発行不可
0.6 ~ 1.1%
セゾンコバルト 1,000円(税別) 無料 0.5 ~ 1.0%
amex-business-goldアメックスビジネスゴールド 31,000円(税別)
※初年度無料
12,000円(税別) 0.5~1.0%

 

数ある法人カードの中でも、年収が200万円以下で審査に通りそうなカードは限られています。申込み者にある程度の年収が見込めないと、カードの利用金額を回収できるか不安で審査に通すことができません。

審査に通りやすいとされる消費者金融系カードや信販系カードであれば、利用限度額を低く抑えて発行されるかもしれませんが、一般的に年収は200万円以上あることが望ましいです。

一方、ステータスカードのダイナースクラブは年収500万円以上、JCBゴールド三井ゴールドは年収300万円以上が間違いなく必要とされます。これらのカードの場合は、年収が一定の水準以上を満たしていることは当然として、審査では申込み者の信用情報が重要になります。その辺りは回を改めてご紹介します。

 

あなたが審査に通りそうな法人カードはどれ?

最後になりましたが、私が監修として参加しているあなたが審査に通りそうなカードはどれ?60秒で模擬審査からカード選びのお手伝いができれば幸いです。

模擬審査では14個の簡単な質問に回答すると、各カードの審査に通る確率がA判定からD判定まで出力される仕組みとなっています。ご自身の信用情報を測定する上でも一度試してみて下さい。

また、審査に通る確率を上げるアドバイスや審査に通らなかった場合の対処法は法人カードの審査はどうなっておるのじゃ?でお話しておりますので、是非そちらも参考にしてみて下さい。

 

まとめ

審査担当者より一言

申込み者の年収は審査にさほど影響しません。年収の金額は自己申告になるため、カード会社があまりアテにしていないからです。カード会社から収入証明書の提出を求められることも、ほとんどないでしょう。
ただし、年収200万円以下では審査に通る可能性が低くなるので、カード会社が算出するモデル年収から大きく外れない程度に、現実の年収の1.5倍以内で申告しましょう。(こちらは自己責任にてお願いします。。)

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語

法人カードのウラ話カテゴリの最新記事