【楽天ビジネスカードの比較と評判】楽天市場のユーザーにおススメです!

【楽天ビジネスカードの比較と評判】楽天市場のユーザーにおススメです!

今回は「楽天ビジネスカード」の詳細をご紹介します。

 

楽天ビジネスカードの評判は?

楽天ビジネスカードは、楽天カード株式会社から発行されている法人カードです。こちらは中小企業経営者を対象としたカードで、会社の業歴や決算内容に関係なく申込めます

年会費、審査の通りやすさ、ポイントプログラムなど、カードの内容を見ていきましょう。

楽天カードから、中小企業経営者や個人事業主でも申込める法人カードが登場したそうな。「楽天」と聞いただけでイニエスタの顔が思い浮かぶ様では、ワシも西洋かぶれが進んでいるようじゃ。
殿もすっかり楽天のイメージ戦略にはまっておられますな。楽天カードは楽天市場を利用される方にはお得な1枚でありますゆえ、楽天市場の支払い専用カードにされてはいかがでござろうか。

 

【申込み資格】個人事業主でも申込みOK

楽天ビジネスカードの申込み資格は「満20歳以上の法人代表者」or「満20歳以上の個人事業主」になります。

カードの名義を「法人代表者」or「個人事業主」のどちらにするかは、引落し口座をどこに設定するかで決まります。 法人代表者の方は「法人口座」or「代表者ご本人の個人名義口座」にて、個人事業主の方は「申込み者ご本人の個人名義口座」or「屋号のある個人事業主名口座」で申込むと良いでしょう。

会社用とプライベート用で口座を分けたい場合には、「法人口座」or「屋号のある個人事業主口座」をおすすめしますが、どの名義を設定されても審査の通りやすさに影響はありません。もちろん、会社用の口座をお持ちでない方は、個人のプライベート用の口座でも大丈夫です。

 

ちなみに、楽天ビジネスカードの申込みは2段構えになっており、楽天ビジネスカードを申込むには楽天プレミアムカードの申込みが必要となります。つまり、「楽天プレミアムカード=個人用口座」「楽天ビジネスカード=仕事用口座」の切り分けができるのがミソです。

楽天ビジネスカードのみの申込みはできませんので、くれぐれもご注意ください。

 

【年会費】個人カード10,000円(税別)+法人カード2,000円(税別)=合計12,000円(税別)

楽天ビジネスカードの年会費は10,000円(税別)追加カード発行不可、楽天プレミアムカードの年会費は2,000円(税別)・追加カードは5,000円(税別)です。

先ほどもご紹介したとおり、楽年ビジネスカード(法人カード)は楽天プレミアムカード(個人カード)の子カードとしての位置づけであり、年会費は合計で12,000円(税別)です。

楽天市場のユーザーで楽天ポイントが貯まりやすい環境にある方にはおすすめしますが、楽天市場で買い物をしない方には高すぎる年会費です。そもそも、「法人カードを申込みたいのに、個人カードとセットが条件」というカード会社は他に聞いたことがありません。

もし私が12,000円(税別)の年会費を払って法人カードを作るならば、間違いなくアメックスビジネスカードを選びます。年会費は楽天ビジネスカードと同額の12,000円(税別)で、ステータスの高さやデザインのセンスは楽天と比べるべくもありません。

私が楽天市場のユーザーであれば、12,000円(税別)を払って楽天ビジネスカードを選ぶかもしれませんが。

 

【支払い方法】1回払いのみ、分割払いやリボ払いは不可

楽天ビジネスカードの支払い方法は「1回払い」のみです。分割払いやリボ払いはできません。

楽天プレミアムカードは分割払いに対応していますが、決済目的は生活費決済(趣味や生活品の購入)です。事業費決済(仕事に必要な商品やサービスの購入)に楽天プレミアムカードの利用は不適格に当たりますので、分割払いを希望される方に楽天ビジネスカードはおすすめできません。

 

【審査基準】起業したての個人事業主でも通ります

楽天ビジネスカードの審査基準は「申込み者の年齢が満20歳以上」「申込み者の個人信用情報に問題がないこと」です。以下は実際に申込まれた方の口コミです。

楽天ビジネスカードの審査は大変緩いことで有名です。「これで審査したって言えるのか?」と思えるくらいの緩さです。

以下の条件に該当されなければ、おそらく楽天ビジネスカードの審査に通るはずです。

  • 申込み者の年齢が満19歳以下
  • 過去5年以内の延滞履歴が1週間以上
  • キャッシングの借入残高が100万円以上
  • キャッシングの借入社数が3社以上
  • 過去6カ月以内に3社以上の金融商品(カードやローン等)を申込んだ
  • 過去に自己破産の経験あり

一般的に審査に通りやすいとされる、消費者金融系カード会社のライフカードビジネス、信販系カード会社のオリコ EX Gold for Biz、流通系カード会社のセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードと比べでても、審査の通りやすさは遜色ないかと思われます。

 

【申込み方法】オンライン申込みと必要書類を郵送

楽天ビジネスカードの申込みに必要な書類は、①引落し口座に設定する金融機関の通帳やキャッシュカード申込み代表者の運転免許証(※お持ちの場合)の2点です。

支払預金口座が法人名義の場合商業登記簿謄本または法人登記印の印鑑証明書の提出が必要です。

 

【カード発行期間】申込みから発行まで約3日~1週間

楽天ビジネスカードを申込んでからカードが発行されるまで、約3日~1週間ほどかかります。

一般的に法人カードの発行期間は早いもので最短3日、長いもので約3~4週間ですので、楽天ビジネスカードが発行されるスピードはかなり早めです。 以下が楽天ビジネスカードの申込みの流れです。 

楽天ビジネスカードでは、申込み者の情報(ステップ1+ステップ2)を入力すると、メールにて審査結果のご案内が届きます。

その後、楽天カードから口座振替依頼書が郵送されて来ますので、必要事項を記入・捺印して返送します。支払預金口座が法人名義の場合には商業登記簿謄本または法人登記印の印鑑証明書の提出が必要です。 

 

【利用限度額】10~300万円とやや少なめ

楽天ビジネスカードの利用限度額は、10~300万円となっています。また、キャッシング利用枠は付帯していません。

一般的な法人カードの利用限度額が100~500万円であることを考えると、楽天ビジネスカードの利用限度額はそこまで大きいとは言えません。また、利用限度額は楽天プレミアムカードとの合算になります。

つまり、楽天プレミアムカードの利用限度額が200万円に設定されている場合、楽天ビジネスカードの利用限度額は最大で100万円しか残されていません。

毎月100万円以上のカード利用が見込まれるIT関係者や不動産業者の方には不向きですので、大きな利用限度額を希望される方には、以下のカードをおすすめします。

カード名 年会費 追加カード年会費 利用限度額
アメックスゴールド 31,000円(税別)
※初年度無料
12,000円(税別) 個別相談
アメックスビジネス 12,000円(税別)
※初年度無料
6,000円(税別) 個別相談
セゾンプラチナ 20,000円(税別) 3,000円(税別) 個別相談

利用限度額や短期間で増額する方法については、成功率100%?!法人カードの利用限度額を上げる交渉術に詳しく書いていますが、楽天ビジネスカードに関しては、利用限度額は300万円が限界の模様です。

 

【ステータス】Bランクとやや低め

楽天ビジネスカードのステータスは、Bランクとやや低めです。

そもそも、楽天というブランドにステータスがない様に、楽天ビジネスカードを見て「こんなステータスカードを持てるなんて?!」と店員さんに驚かれることは期待できません。

もし、ステータスの高いカードを持ちたいということであれば、以下のカードをおすすめします。いずれも個人事業主さんが申込めるカードばかりです。

カード名 年会費 追加カード年会費 ステータス
アメックスゴールド 31,000円(税別)
※初年度無料
12,000円(税別) SS・S・A・B
アメックスビジネス 12,000円(税別)
※初年度無料
6,000円(税別) SS・S・A・B
セゾンプラチナ 20,000円(税別) 3,000円(税別) SS・S・A・B

 

【ポイントプログラム】楽天市場で使えば最大5%還元

楽天ビジネスカードでは、カード利用額100円ごとに1ポイント貯まります。出張時の交通費や接待での交際費をはじめ、電気・ガス・水道など公共料金の支払いなどでも、ポイントを貯めることができます。

楽天市場の買い物に楽天ビジネスカードを使用すると、最大5倍のポイントが還元されます。(楽天市場の利用で1%還元+楽天ビジネスカードの決済で最大4%還元=合計で最大5%還元)ただし、楽天PointClubの会員ランクに応じて月間獲得ポイント上限があります。

日頃から楽天市場を利用される方にとっては実においしい話ですが、ご縁がない方には「だからどうした?」といったところでしょうか。

 

【付帯サービス】Visaビジネスオファーが付帯

楽天ビジネスカードにはVisaビジネスオファーが付帯しています。

VISAビジネスオファーとは、VISAブランドの法人カードを保有している方が利用できるビジネスシーンで役に立つ優待プログラムです。VISAブランドであれば、どの法人カードであっても利用できます。

例えば、国際ブランドがVISAカードの場合は楽天ビジネスカードであっても、三井住友VISAビジネスカードであっても利用できます。ただし、VISAビジネスオファーが利用できるのはあくまで法人カードのみです。個人カードでは利用できない点は注意しましょう。

VISAビジネスオファーは主に下記のサービスで利用できます。

  • 飲食
  • トラベル
  • ビジネスサービス
  • オフィスサプライ
  • IT&テレコム

 

【ショッピング保険】付帯なし

楽天ビジネスカードにショッピング保険の付帯はありませんので、購入された商品やサービスに瑕疵があっても、一切の補償は受けられません。一方の楽天プレミアムカードには、最高100万円のショッピング保険が付帯しています。

 

【旅行保険】国内旅行・海外旅行ともに付帯なし

楽天ビジネスカードの旅行保険は、「国内旅行海外旅行ともに付帯なし」となっています。一方の楽天プレミアムカードは、「国内旅行海外旅行ともに自動付帯」となっています。

傷害死亡・後遺障害
旅行中に偶発的な傷害事故によって会員が死亡または後遺障害となったときに支払われる保険

疾病治療費用
旅行中または旅行終了後48時間以内に発病した疾病により医者の治療を受けた場合または旅行期間中に感染した所定の伝染病で旅行期間終了後14日以内に医者の治療を受けた場合に支払われる保険

傷害治療費用
旅行中の偶発的な傷害事故によって医者の治療を受けた場合

賠償責任
旅行中に他人にけがをさせたり、物を壊したりして賠償責任を負った場合に支払われる保険

救援者費用
旅行中に会員が死亡した場合、ケガや疾病により、7日以上継続入院した場合、行方不明・遭難した場合に会員の救援に来た救援対象者または親族が支出した金額を負担する保険

携行品損害
会員が旅行中に携行していた物品が偶然の事故によって損害を受けた場合、損害を受けた物品の時価額を補償してくれる保険[/box]

 

【ETCカード】1枚目は無料、2枚目以降1枚あたり年会費500円(税別)

楽天ビジネスカードのETCカードは1枚目無料2枚目以降1枚あたり年会費500円(税別)が必要です。

従業員さんにETCカードを持たせたい場合は、追加カードとセットで申込まないといけないので、どの従業員さんにカードを持たせるべきか、事前にじっくりと検討が必要です。(参照:従業員による法人カードの私的利用を防ぐには?

 

各法人カードの口コミ評判

各法人カードに対する口コミは下記の表を参考にしてくだされ。
カード名 口コミ評価 年会費 審査の通りやすさ
オリコゴールド ★★★★☆ 3.7 (7件)
>>オリコゴールドの口コミ
2,000円(税別)
初年度無料
★★★★★
JCBゴールド ★★★★☆ 3.9 (14件)
>>JCBゴールドの口コミ
10,000円(税別)
※初年度無料
★★★☆☆
JCB一般 ★★★★☆ 3.5 (29件)
>>JCB一般の口コミ
1,250円(税別)
※初年度無料
★★★★☆
アメックスゴールド ★★★★☆ 4.0 (20件)
>>アメックスゴールドの口コミ
31,000円(税別)
※初年度無料
★★★★☆
アメックスビジネス ★★★★☆ 3.7 (26件)
>>アメックスビジネスの口コミ
12,000円(税別)
※初年度無料
★★★★☆
セゾンプラチナ ★★★☆☆ 3.0 (3件)
>>セゾンプラチナの口コミ
20,000円(税別) ★★★★☆
三井ゴールド ★★★★☆ 3.6 (13件)
>>三井ゴールドの口コミ
10,000円(税別) ★★☆☆☆
三井クラシック ★★★☆☆ 3.5 (10件)
>>三井クラシックの口コミ
1,250円(税別) ★★★☆☆
三井for Owners ゴールド ★★★★★ 4.3 (4件)
>>三井forゴールドの口コミ
10,000円(税別)
※初年度無料
★★★☆☆
三井for Owners クラシック ★★★★☆ 3.6 (5件)
>>三井forクラシックの口コミ
1,250円(税別)
※初年度無料
★★★★☆
ライフビジネス ★★★★☆ 4.0 (4件)
>>ライフビジネスの口コミ
無料 ★★★★☆
ダイナースクラブ ★★★★☆ 3.6 (5件)
>>ダイナースクラブの口コミ
27,000円(税別) ★☆☆☆☆
UCゴールド ★★★★☆ 3.7 (6件)
>>UCゴールドの口コミ
10,000円(税別) ★★★☆☆
UC一般 ★★★★☆ 3.3 (3件)
>>UC一般の口コミ
1,250円(税別) ★★★☆☆
P-one Business Mastercard ★★★★★ 4.7 (3件)
>>ポケットカードの口コミ
2,000円(税別) ※初年度無料(前年度にカードの利用あれば次年度も無料) ★★★★★

 

各法人カードの審査の口コミ評判

各法人カードに対する審査の口コミは下記の表を参考にしてくだされ。
カード名 審査の通りやすさ 年会費
オリコゴールド ★★★★★
>>審査の口コミ
2,000円(税別)
初年度無料
オリコスタンダード ★★★☆☆
>>審査の口コミ
1,250円(税別)
初年度無料
JCBゴールド ★★★☆☆
>>審査の口コミ
10,000円(税別)
※初年度無料
JCB一般 ★★★★☆
>>審査の口コミ
1,250円(税別)
※初年度無料
アメックスゴールド ★★★★☆
>>審査の口コミ
31,000円(税別)
※初年度無料
アメックスビジネス ★★★★☆
>>審査の口コミ
12,000円(税別)
※初年度無料
セゾンプラチナ ★★★★☆
>>審査の口コミ
20,000円(税別)
三井ゴールド ★★☆☆☆
>>審査の口コミ
10,000円(税別)
三井クラシック ★★★☆☆
>>審査の口コミ
1,250円(税別)
三井for Owners ゴールド ★★★☆☆
>>審査の口コミ
10,000円(税別)
※初年度無料
三井for Owners クラシック ★★★★☆
>>審査の口コミ
1,250円(税別)
※初年度無料

ライフビジネス ★★★★☆
>>審査の口コミ
無料
ダイナースクラブ ★☆☆☆☆
>>審査の口コミ
27,000円(税別)
UCゴールド ★★☆☆☆
>>審査の口コミ
10,000円(税別)
UC一般 ★★★☆☆
>>審査の口コミ
1,250円(税別)

 

まとめ

以上、楽天ビジネスカードを考察してきましたが、私個人としての評価は決して高くありません。

事業費決済用に法人カードを作るのであれば、オリコ EX Gold for Bizセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードをおすすめします。ポイント還元率や利用限度額、付帯サービスなども充実しています。

楽天ビジネスカードをおすすめしない理由は、①楽天プレミアムカードが必ずセットであること楽天プレミアムカードの年会費が10,000円(税別)と高額であること楽天市場ユーザー以外には主だったメリットがないことの3点が挙げられます。

一方、楽天市場ユーザーの方にはポイント高還元が期待できますので、楽天市場の決済用に作っておかれても良いかもしれません。

 

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語

法人カードの機能・メリットカテゴリの最新記事