ANA法人カードの評判【マイラーには必需品】

ANA法人カードの評判【マイラーには必需品】

今回は、法人向けのANAカードについてご紹介します。

 

ANA法人カードの比較と評判

ANA法人カードには下記のように分類されます。

クラス

  • 一般カード
  • ワイドカード
  • ワイドゴールドカード

ブランド

  • JCB
  • Visa/Mastercard
  • DinersClub

 

 

ブランド・ランク別のANA法人カードの比較

一般カード(JCB/VisaMastercard

 

JCB

Visa/Mastercard

年会費(税別)

2,475
初年度無料

3,025
※初年度無料

使用者年会費(税別)

825

440

ボーナスマイル

1,000

搭乗マイル

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

最高補償額

1,000万円

ポイントからマイルへの移行

×

ポイントからマイルへの移行手数料

5,000(/)

 

ワイドカード(JCB/VisaMastercard

 

JCB

Visa/Mastercard

年会費(税別)

12,925

13,475

使用者年会費(税別)

825

440

ボーナスマイル

2,000

搭乗マイル

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

最高補償額

5,000万円

ポイントからマイルへの移行

×

ポイントからマイルへの移行手数料

5,000(/)

※各使用者に積算

ポイントからマイルへの移行上限

なし

 

ワイドゴールドカード(JCB/VisaMastercard

 

JCB

Visa/Mastercard

年会費(税別)

20,900

20,900

使用者年会費(税別)

4,400

4,400

ボーナスマイル

2,000

搭乗マイル

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

最高保障額

1億円

ポイントからマイルへの移行

×

ポイントからマイルへの移行手数料

無料

※各使用者に積算

ポイントからマイルへの移行上限

なし

 

ダイナースクラブカード(DinersClub)

 

DinersClub

年会費(税別)

22,000

使用者年会費(税別)

22,000

ボーナスマイル

2,000マイル

搭乗マイル

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

最高補償額

5,000万円

ポイントからマイルへの移行

ポイントからマイルへの移行手数料

6,480円(/年)

※代表会員に積算

ポイントからマイルへの移行上限

40,000ポイント→40,000マイル(/年)

 DinersClubの特徴として、カード会社のポイントをマイルに移行する場合、マイルは代表会員に積算されることになります。出張が多い人だけマイルが貯まりやすいという事態を避けることができるため、社員間での不公平をなくすことができます。

 

 

 どのANA法人カードの評判が良い?

 ①利用先からブランドを選定

せっかくANA法人カードを作っても、使えるお店が少なければ意味がありません。そのため、まずは利用予定の用途という切り口からカードのブランドを選定しましょう。

利用先

JCB

Visa/Mastercard

DinersClub

出張

海外

欧米諸国

東南アジア

国内

接待/備品

 

ネットサービス

 

 出張先が欧米諸国の場合、JCBは使えない場合が多いため、Visa/Mastercard/Dinersclubのいずれかから選ぶことをおすすめします。

しかし、海外でも東南アジアの出張がメインな場合はJCBでも利用できる場合が多いです。ご自身の会社の出張先はどのエリアかによってブランドを選定しましょう。

出張目的ではなく接待や備品購入、クラウド利用料等がメインの場合、Visa/Mastercardをおすすめします。一般的に加盟店数はVisa/Mastercardが一番多いと言われており、JCBDinersClubは劣後しています。

クラウド利用料やネット広告等のネットサービスの場合、海外加盟店の場合があるため、JCBでは使いづらい可能性があります。

 

 ②マイルへのこだわり度と必要保障額でランクを選定

 

一般

ワイド

ワイドゴールド/DinersClub

搭乗マイル

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

ボーナスマイル

1,000マイル

2,000マイル

2,000マイル

保証額

最高1,000万円

最高5,000万円

最高1億円

年会費

2,475円~

12,925円~

20,900円~

マイルが貯まりやすいのはワイドまたはワイドゴールドですが、Visa/Mastercardはショッピングで貯まるカード会社のポイントをマイルに移行することができません。マイルにとことんこだわりたい場合は、JCBDinersClubをおすすめします。

 出張の際に会社で別途保険に加入する場合や出張が少ない場合、保障額は気にする必要はありません。

 

 

ANA法人カード選定時に気を付けるべきこと

カード会社のポイントからマイルに交換できるか

ANA法人カードでショッピングをすると、カード会社のポイントが付与されます。このポイントをマイレージにできる会社もあれば、できない会社もあるため事前にチェックしておきましょう。

マイルへの交換 交換レート
Visa/Mastercard ×
JCB 1ポイント(/1,000円)=3マイル
DinersClub 1ポイント(/100円)=1マイル

 

ポイントをマイルに交換する際の手数料と上限

ポイント交換手数料 交換上限
Visa/Mastercard ×
JCB

5,000円

※ワイドゴールドカードは無料

なし
DinersClub 6,480円 40,000ポイント=40,000マイル

還元率だけ見るとDinersClubが良いように見えますが、交換上限は40,000ポイント。ちなみに、JCBで40,000マイル貯めるには年間で約13.5百万円の利用が必要です。

法人で年間13,5百万円以上利用する予定のある場合はJCBのほうがより多くのマイルを貯められます。

 

 

ANA法人カードの評判まとめ

今回の記事をまとめると、下記の通りです。

  • Visa/Mastercard⇒使いやすさはある一方で、ポイントをマイルに交換することができない
  • JCB⇒ポイントをマイルに上限なく交換することができる一方で、還元率はいまいちかつ利用先が限られる
  • DinersClub⇒マイル還元率が高い一方で、年会費が高額かつ利用先が限られる

あくまでも、法人カードとして必要なことは「マイルを貯めること」ではなく「経費をキャッシュレスで支払うこと」です。マイル還元率だけではなく、「そもそもきちんと決済できる店が多いのか」という切り口でもカードを選定しましょう。

 

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語

法人カードの口コミ・評判カテゴリの最新記事