法人カードpaild(ペイルド)を考察【審査不要も評判は微妙…】

法人カードpaild(ペイルド)を考察【審査不要も評判は微妙…】

今回は「審査不要の法人カードpaild(ペイルド)」をご紹介します。

 

paild(ペイルド)の概要とは?

今回ご紹介するpaild(ペイルド)は、株式会社Handiiが2020年8月にリリースしたプリペイド法人カードです。twitterでも話題に上がっています。

「時代の最先端を行ってます感」満載のツイートが並んでいますが、まずはpaildの特徴をまとめておきます。

《paild(ペイルド)の特徴

  • オンライン完結で即日カード発行
  • 申込み時に審査なし
  • カード発行枚数や限度額も管理できる
  • 世界5,300万以上のVISA加盟店で利用
  • バーチャルカードも発行OK

 

まだまだ世間に出ている情報は多くありませんが、以上の5点がpaildのポイントです。これまでは審査も限度額もない法人カードは存在せず、その意味で大変斬新であります。

なぜ、審査も限度額も存在しないのかと言えば、答えはpaildがプリペイド式だからです。事前に口座へ入金した金額から引落しが掛かるので、発行会社にとってはノーリスクです。どちらかと言えば、プリペイドカードの認識が正解です。

 

おすすめしたい企業とは?

おそらく、paildが登場して喜んでおられるのは、以下の企業の方々ではないでしょうか。

  • 銀行口座に現金がたっぷりある
  • 毎月の資金繰りに困っていない
  • 法人カードの審査に通らない
  • 利用限度額が低く、枠がすぐにいっぱいになる
  • 従業員の不正利用に悩んでいる

こちらの項目に該当される方は、paildの導入を検討されても良いと思います。

ただし、paildはプリペイドカードです。引落し口座に現金がなければ、そもそもpaildは使えませんし、企業としてきちんと自己管理が求められていると言えます。

 

おすすめしない企業とは?

反対に、以下の項目に該当される方にはpaildをおすすめしません。


  • 銀行口座に現金があまりない
  • 毎月の資金繰りに困っている
  • 締め⇒支払い期間の猶予が欲しい
  • 毎日忙しすぎて、口座の管理まで手が回らない
  • 従業員に法人カードを渡していない

資金繰りに困っていない中小企業の経営者さんの方が珍しく、「締め⇒支払いの期間が長ければ長いほどありがたい」と、皆さん口を揃えておっしゃいます。このような経営者さんに、自己完結を求められるpaildのサービスは酷かもしれません。

そこで、資金繰りに困っておられる経営者さんにおすすめの法人カードをご紹介します。

 

初めての法人カード候補者一覧

カード名 年会費 追加カード年会費 ステータス 審査の通りやすさ
オリコゴールド 2,000円(税別)
※初年度無料
法人代表者:無料
個人事業主:発行不可
SS・S・A・B ★★★★★
三井for Owners クラシック 1,250円(税別)
※初年度無料
400円(税別)
※初年度無料
SS・S・A・B ★★★★☆
セゾンプラチナ 20,000円(税別)
3,000円(税別)
SS・S・A・B ★★★★☆
アメックスビジネス 12,000円(税別)
※初年度無料
6,000円(税別) SS・S・A・B ★★★★☆
JCB一般 1,250円(税別)
※初年度無料
1,250円(税別)
※初年度無料
SS・S・A・B ★★★★☆
ライフビジネスライト 無料 無料 SS・S・A・B ★★★★★

こちらに掲載したカードは、いずれも審査の通りやすさに定評があり、業歴半年未満・売上げなしでも審査に通った口コミが多数寄せられています。

 

60秒法人カードの
審査を疑似体験

いざ、法人カードの模擬審査へ
出陣でござる!

模擬審査スタート

60秒法人カードの審査を疑似体験

第1問

あなたの昨年度の税込年収は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第2問

現職の勤続年数は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第3問

ご自宅は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第4問

自宅に固定電話は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第5問

過去5年以内の延滞履歴は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第6問

クレジットカード所有枚数は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第7問

キャッシングの借入残高は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第8問

自己破産の経験は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第9問

過去半年以内に3社以上の金融機関で
クレジットやローンを申込んだ経験は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第10問

あなたの会社形態は法人?個人?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第11問

昨年度の年商は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第12問

創業からの業歴は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第13問

従業員数は?

60秒法人カードの審査を疑似体験

第14問

当期利益は?

※模擬審査の判定結果は、あくまでも当サイト独自の基準によって算出される評価値です。よって、実際の審査とは結果が異なる場合がありますのでご注意ください。法人カードお申し込み時には、公式サイトに記載されている注意事項をご確認の上、お申し込みください。

 

カードの締め⇒支払いの猶予は最大約2カ月あるので、資金繰りに余裕を持って対応できます。この問題に頭を悩ませる時間を減らしてくれるのが、法人カードの本当の役割と考えます。プリペイド式では資金繰りは解決されません

また、心配されることの多い限度額の上げ方は、【法人カードの利用限度額を上げる交渉術】に詳しく書いていますので、そちらに従って進めて頂ければ問題ありません。

 

まとめ

いかがでしょうか、プリペイド法人カードpaild(ペイルド)について考察しました。

個人的な感想としては、アイデア自体は大変面白く一定のニーズもありそうですが、そこまで大きく伸びるとは思えません。理由は簡単で、世間の中小企業の経営者は資金繰りに困っているからです。

事前に口座にお金がないと使えないpaildでは、資金繰りに悩む経営者さんのサポートはできないと考えます。もちろん、今後発表される情報のなかで解決されていくかもしれませんので、引き続き注視してまいります。

 

法人カードオススメ番付

  • 総合バランス番付/価格・ポイント・サービスのバランスで選ぶなら
  • とにかく安く番付/年会費・追加カードの安さ重視で選ぶなら
  • コスパ還元番付/月の使用額が100万円を越えるなら
  • ステータス&付帯サービス番付/持ってるだけで惚れる!カッコ良さで選ぶなら
  • 審査に通りやすい番付/運営者の個人的な好き嫌いで選ぶなら

信玄の、法人カード初めて物語

法人カードの口コミ・評判カテゴリの最新記事